黒ずみ クリーム 膝

膝におすすめの黒ずみクリーム特集@人気・実力No.1はコレだ!

スカートを履いたとき、鏡を見て膝の黒ずみがあると気になりますよね。

 

膝が黒ずんで見えるのは、古い角質がたまって色素沈着を起こしているのためです。

 

 

とくに膝は、乾燥によって角質が厚くなってしまい、くすんで見えてしまうケースも多いんですよね。

 

そのため、膝に使う黒ずみクリームを選ぶなら、保湿力に優れた商品を選ぶことも大きなポイントとなります。

 

そこで当サイトでは、保湿力が高く、なおかつ人気も高い黒ずみ専用クリームをランキング形式でまとめました。

 

膝の黒ずみにオススメのクリームは?どれが人気なの?という方の参考になれば幸いです。

 

膝の黒ずみクリームおすすめランキング

 

膝の黒ずみクリームおすすめ1位 薬用アットベリージェルの特徴

・ワキ、膝、ひじの黒ずみなど全身に使用OK、二の腕のブツブツにも対応

・プラセンタ、グリチルリチン酸2Kが有効成分

・5種類の美白成分、6種類の保湿成分、2種類の消臭成分など、美容成分97.8%を高濃度配合

・独自のケア方式で厚い角層にもスッと浸透、うるおいを長時間キープ

・着色料、シリコン、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、鉱物油、アルコール、パラベンの7つが無添加

・国内工場で製造、厳しい基準をクリアした製品だから安心・安全

・無添加、日本製、医薬部外品、たっぷり大容量の薬用ジェル

・レビュー300件以上、アットコスメで★7点満点中★5.6の高評価

・購入者さんの満足度93.1%、人気女性誌などのメデイアにも多数掲載

・毎月先着500名様の限定キャンペーン実施中

価格 5,440円⇒2,980円円
評価 評価5
備考 定期コースなら45%OFF、2回継続が条件、送料無料、180日間返金保証、2回目以降は5,440円、回数ごとの割引あり、特典とサポート付き
膝の黒ずみクリームおすすめ1位 薬用アットベリージェルの総評

膝の黒ずみはもちろん、わき、ひじ、くるぶし、全身どこでも便利に使える黒ずみ専用ジェルです。

美容成分97.8%を高濃度に配合しながら、無添加にも気を配っているので、低刺激&高効果な黒ずみケアを実感できるでしょう。

女性誌にも多数掲載され、大手口コミサイトのアットコスメでも多くの方が高評価。

購入者さんの満足度やリピート率も非常に高く、まさに、人気・実力ともにNo.1の黒ずみケア商品と言えます。

 

膝の黒ずみクリームおすすめ2位 ピーチローズの特徴

・お尻、膝、ひじの黒ずみなど全身に使用OK、お尻や背中ニキビにも対応

・アルブチン、グリチルリチン酸ジカリウムが有効成分

・着色料、鉱物油、アルコール、パラベンの4つが無添加

・無添加、日本製、医薬部外品、チューブタイプの薬用ジェル

・人気女性誌やテレビ番組にも紹介され、SNSでも話題沸騰中

・レビュー900件以上、アットコスメで★7点満点中★5.4と高評価

・累計販売数32万個突破、モンドセレクション3年連続金賞受賞

価格 10,000円⇒5,195円円
評価 評価4
備考 定期コースのクレカ決済なら48%OFF、2回継続が条件、送料無料、60日間返金保証、2回目5,695円、3回目以降は5,125円、無料カウセリング付き
膝の黒ずみクリームおすすめ2位 ピーチローズの総評

お尻の黒ずみに特化した商品となっていますが、もちろん膝の黒ずみにも使える大人気ジェルです。

お尻の厚い角質にも浸透する設計になっているので、膝の黒ずみにも十分な美白&保湿力を発揮するでしょう。

ただ1位のアットベリーと比べると、無添加や配合成分の数、初回購入価格などで、少し見劣りしてしまいます。

とはいえ、アットコスメのレビューは900件以上で、なおかつ高評価。SNSでも話題の黒ずみケアなので、こちらもオススメです。

 

膝の黒ずみクリームおすすめ3位 イビサクリームの特徴

・デリケートゾーン、膝、ひじの黒ずみなど全身に使用OK

・トラネキサム酸、グリチルリチン酸2Kが有効成分

・2種類の薬用成分、4種類の美白成分、8種類の保湿成分を配合

・人気脱毛サロンが開発した、無添加、日本製、医薬部外品の薬用クリーム

・合成香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラベンの5つが無添加

・レビュー80件以上、アットコスメで★7点満点中★5.0と高評価

・満足度96.7%、デリケートゾーン美白ではNo.1の人気商品

価格 7,000円⇒4,970円円
評価 評価3.5
備考 定期コースのクレカ決済なら36%OFF、2回継続が条件、送料無料、28日間返金保証、2回目4,970円、3回目以降4,482円
膝の黒ずみクリームおすすめ3位 イビサクリームの総評

デリケートゾーンの黒ずみケアとして、いま注目を集めているのがイビサクリームです。

こちらもデリケートゾーンをはじめ、膝やヒジなど全身の黒ずみに使用できるようになっています。

人気脱毛サロンが開発し、デリケートな箇所にも使えるということで、膝の黒ずみにも安心して使えるでしょう。

有名人がSNSで紹介したり、続けやすい価格ということもあって、若い女性を中心に人気急上昇となっています。

 

膝の黒ずみクリームおすすめ4位 ラスターの特徴

・膝下、くるぶし、スネをはじめ、全身の黒ずみに使用OK

・トラネキサム酸、グリチルレチン酸ステアリルが有効成分

・2種類の薬用成分、5種類の美白成分、9種類の保湿成分を配合

・ブティックオーナーが生み出した、無添加、日本製、医薬部外品の薬用クリーム

・合成香料、着色料、鉱物油、パラベン、紫外線吸収剤、エタノール、タール系色素の7つが無添加

・ローズクォーツかっさ付きで、足のむくみ、たるみケアにも対応

・リピート率91.8%、膝下の黒ずみや色素沈着に最適な商品

価格 6,800円⇒4,750円円
評価 評価3
備考 定期コースなら30%OFF、4回継続が条件、送料無料、30日間返金保証、2回目4,750円、3回目以降4,513円
膝の黒ずみクリームおすすめ4位 ラスターの総評

膝、すね、くるぶしの気になる黒ずみをケアできる薬用濃密美白クリームです。

膝の黒ずみ対策だけでなく、むくみ・たるみケアにも使えるため、1本で足のトータルケアができます。

ただ上位と比べると、口コミが少ない、定期コースの4回継続という点が、少しデメリットかなと思いました。

しかしながら、膝の美白から足のマッサージまで対応しているので、美脚を目指したい方にはピッタリと言えるでしょう。

 

膝の黒ずみクリームおすすめ5位 ハーバルラビットの特徴

・デリケートゾーン、膝、くるぶしの黒ずみなど全身に使用OK

・プラセンタ、グリチルリチン酸2Kが有効成分

・2種類の薬用成分、4種類の美白成分、4種類の保湿成分を配合

・多くの女性の声から生まれた、無添加、日本製、医薬部外品の薬用クリーム

・石油系界面活性剤、シリコン、着色料、アルコール、紫外線吸収剤の5つが無添加

・楽天リサーチ調べで、効果がすぐに実感できる商品No.1を獲得

・人気女性誌でも多数紹介、モデルにも愛用者が多く口コミで拡散中

価格 7,000円⇒4,250円円
評価 評価3
備考 定期コースのクレカ決済なら40%OFF、2回継続が条件、送料無料、60日間返金保証、2回目以降4,750円
膝の黒ずみクリームおすすめ5位 ハーバルラビットの総評

小悪魔agehaのモデルや、海外セレブ達が愛用していることでも有名な黒ずみクリーム。

デリケートゾーンにも使えるよう、配合成分や無添加に配慮しているので、膝の黒ずみにも安心して使えるでしょう。

モデルさんがインスタで続々と紹介していることもあり、若い女性を中心に人気急上昇の商品となっています。

黒ずみクリームと分からない可愛いウサギのパッケージや、ほんのり野ばらの香りがする所も人気の秘密です。

 

膝が黒ずみになってしまう3大原因とは!?

 

膝の黒ずみは汚れだから、ゴシゴシ洗えば解決できると思っていませんか?

 

 

膝が黒ずんで見えるのは、「圧迫、摩擦、乾燥」が3大原因と言われています。

 

そこで、膝が黒ずむ3大原因と対策について簡単にまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

圧迫

 

頬杖をつくとヒジが、立て膝をすればヒザが圧迫され、黒ずみが目立つことになります。

 

例えば、お掃除で床の雑巾がけをするだけでも、わりと膝は圧迫されているので要注意。

 

このようなクセを見直すだけでも、黒ずみの予防につながりますので、ぜひ意識してみて下さい。

 

摩擦

 

スキニーやレギンスを好んで履いている人も、慢性的に膝がこすり続けられるので、黒ずみやすくなります。

 

汚れだと思ってゴシゴシ洗ってしまううと、黒ずみが取れるどころか、逆に色素沈着しやすくなるので気を付けて下さい。

 

膝はもちろんのこと、体を洗う際はナイロンタオルは使わず、手で優しく洗うようにするのが鉄則です。

 

乾燥

 

肌が乾燥すると、ターンオーバーが乱れて角質が厚くなり、黒ずんで見えるようになってきます。

 

とくに膝やヒジは、他の部位と比べて皮脂腺が少ないため、乾燥しやすい部分でもあるんですね。

 

ホームケアしたい場合、まずは月に1〜2回ピーリングやスクラブで古い角質を落とし、保湿成分が配合されたクリームを塗るのが定番のケア方法となります。

 

 

このように、3大原因を避けることで、普段から膝の黒ずみを起こさないような対策をしておきましょう。

 

膝の黒ずみクリームを選ぶなら、1位のアットベリーが一番オススメです

 

ここまで3つの黒ずみ専用クリームを紹介しましたが、1番おすすめなのは、やっぱり1位のアットベリー。

 

医薬部外品として認められた美白有効成分をはじめ、保湿成分も贅沢に配合されているのに、始めやすい価格です。

 

 

膝はもちろん、全身の黒ずみケアができて、二の腕のブツブツやニオイ対策にまで使えるというスグレモノ。

 

また、膝のような厚い角層にもスッと浸透し、しっかり保湿・保護するよう、皮膚3層を同時ケアできるジェルにもなっています。

 

97.8%美容成分&独自ケア方式となっているので、他にはない使用実感を得ることができるでしょう。

 

実際、うるおい実感93.1%、満足度93.1%、リピート率87.8%と、口コミでも大人気の黒ずみケアクリームです。

 

 

大手口コミサイトのアットコスメでも、レビューが300件以上ありながら、多くの方が高評価としています。

 

そんなアットベリーですが、今なら定期コースで注文すると、45%OFFの2,980円で購入できるキャンペーン中です。

 

初回購入分には全額返金保証も付くので、気になる方は気軽に試してみるといいかと思いますよ。

 

保湿力、成分配合、容量、価格、口コミ評価、トータルで考えても、薬用アットベリージェルが圧倒的1位ですね。

 

 

膝にはどんな黒ずみクリームを選べば効果的なの?

 

 

先ほど膝が黒ずみになる3大原因を挙げましたが、タイプによって黒ずみクリームの選び方も変わってきます。

 

摩擦・圧迫タイプの黒ずみ

 

例えば、膝を摩擦・圧迫している人は、刺激を繰り返すことによって、過剰にメラニンが生成されます。

 

その結果、メラニンが色素沈着してしまい、膝が黒ずんで見えるんですね。

 

なので、膝を摩擦・圧迫しているタイプの人は、とにかく保湿をすればOKというわけではありません。

 

黒ずみの原因となっているメラニン生成を防ぐためにも、美白成分が入った黒ずみクリームを第一に選びましょう。

 

乾燥タイプの黒ずみ

 

一方、乾燥で膝が黒ずむタイプの人は、ターンオーバーが乱れて、もともと厚い角質が、さらに厚くなっているケースがほとんど。

 

角質が分厚くなると、皮膚が硬くなるため、膝がザラザラしたり黒ずんで見えてしまうんですね。

 

そのため、乾燥タイプの人は厚い角質に浸透できるよう、浸透力や保湿力のあるクリームを選ぶことが重要です。

 

しっかり保湿できる商品を選ぶだけでも、ツヤ・透明感が出てくるので、膝が明るく見えるようにもなります。

 

このように、膝の黒ずみは原因に合わせて、きちんと商品を選んでいくことが大切です。

 

膝の黒ずみにはニベアクリームがいいって本当なの!?

 

近所の薬局やドラッグストアなどでも、手軽に安く購入できる青缶のニベアクリーム。

 

 

万能クリームなどと紹介されることもあるので、膝の黒ずみにも使えるのでは?と思う方も多いかと思います。

 

しかし先ほど書いたように、膝の黒ずみは原因やタイプによってケア方法は少し異なってきます。

 

もし乾燥が原因で膝が黒ずんで見える方は、ニベアクリームで改善される人もいるでしょう。

 

ニベアクリームは保湿剤としては優秀なので、乾燥で黒すんでいる膝の保湿や保護には効果を発揮するかと思います。

 

ただ、摩擦・圧迫による黒ずみタイプの方は、メラニンが色素沈着しているケースが多いため、ニベアクリームでは期待薄かもしれません。

 

つまり、スキニーを履くことによる摩擦や、立て膝による圧迫で膝が黒ずんでいる人は、メラニンにアプローチする美白ケアも必要と覚えておいて下さい。

 

ちなみに、ニベアクリームの青缶には、美白成分は入っていません。

 

しかしながら、何が原因で膝が黒ずんで見えているのか分からない方もいるでしょう。

 

そんな方のために、当サイトでは保湿にも美白にも効果的な黒ずみクリームを紹介しています。

 

どんなタイプにも対応できる人気商品ばかりなので、気になる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

⇒膝の黒ずみクリームおすすめランキングに戻る